WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

お題:街で見かける、こんなものいらない!にツッコンでください




何気なく毎日通り過ぎる街をよく観察して
「こんなものいらない!」

というものを紹介させていただきます!

考えてみると
「なんでこんなものがあるんだ?」
とずーっと疑問に思うものがありました。

それを私のエピソードと一緒に紹介したいとおもいます。

※すみません。
私は本当に絵が苦手です!
何回も描き直して描いたのですが、汚くてすみません。
何度も絵を描き直したせいで時間が超過してしまいました。


無題
~小学校時代~

小学生の頃、自家用車が壊れ代車に親が慣れず、タクシーを頻繁に使用していたときがありました。


電話一本でタクシーは家まで来るし、手を挙げればタクシーが止まる。
タクシーのそんなサービス、幼いながらに私は変な勘違いをしてしまいました。


「私ってお金持ちでお嬢様的な存在なのか?」と。
以前にも書きましたが
ぶりっ子だった私は自意識過剰な部分がありました。
そんな私をもっと煽てたタクシーのサービスがこのサービス。

2012043000540000
【自動ドアシステム】


故障した車が帰ってきたとき、私は父親に

「ドアを開けてくれないと乗れないわ。」
と言うと…

生意気だと怒られ、そしてお小遣いをカットされた思い出があります。


こんなエピソードは私だけかと思いますが、、


でも、、
タクシーのドアが勝手に開くサービス!


ドアを開ける動作なんて一瞬です。

この動作をなぜ省くのがサービスなのか。

二十歳越えても未だに謎です。


ドアに自動で開くシステムなんていらない!











~高校時代~


今では豪華な付録が付くようになった「雑誌」。


高校生になっていろんな雑誌を見るようになりました。


当時の雑誌でも付録付きは主流で
「付録付きだ♪この雑誌買おっ♪」
とよく買っていました。

しかし、
2012043000540001
【付録付きの雑誌って厄介】




付録ってすぐ壊れたり、あんまり使わないものだったり、他の人とガブる!!



しかも
付録付きの雑誌はスズランテープでくるまれているため
他の雑誌と読み比べられない!



買うのが賭けなんです!

これは女子あるあるだと思います。


付録付き雑誌がかなり多い今。
女子なら1回は
「付録付けなくていいから、もうちょっと安くしてよ」
と思ったことはあるのではないでしょうか?

付録付き雑誌なんていらない!








~大学時代~


初めてお酒を飲んだ飲み会!



楽しく飲んでいましたが、
途中から気分が悪くなってしまいました。


耐えれずトイレへ駆け込みました…


すると、
その飲み屋さんが良質なトイレで

2012043000550001
【トイレ蓋が勝手に開け閉め】



「どうぞ。お吐き下さい。」
と言わんばかりに
勝手に便座が開き、

「ありがとうございます。」
と言わんばかりに
私は便器に向かって頭を下げて…。。


気持ち悪さが収まるまで頭を下げたままでいると、
自動にトイレの蓋が下がり頭が便器に食べられた状態になりました。



こんな話は私だけかもしれないですが、


トイレ蓋の自動開け閉め機能っていりますか?

タクシーのドア同様、トイレの蓋を開ける動作なんて握力も時間もいらない動作です。


トイレ蓋が勝手に開け閉めする機能なんていらない!




こんな私のくだらないエピソードを綴りましたが、


世の中が便利を求め過ぎて

モノや贅沢に頼りすぎて
震災時は凄く困りました。



日常が便利すぎたり、余計なサービスが増えてきている気がします。

ご評価いただき誠にありがとうございます。


なるほど!感のものをたくさん掲載して

「わかる!わかる!」だとか「へ~そうなんだ!」と思える情報をもっと表現できればよかったです。

今後は見て新発見のあるものをあげていきたいです!


無題

以前書かせていただいたヒッチハイクについて!


ヒッチハイクの目的地は龍泉洞でした。

DSC_0190
鍾乳洞なので真っ暗でブレブレの写真ばかりですが…。





浦和ICから「東北行き!」
というスケッチブックを掲げていると

たまたま浦和レッズ試合帰りの宮城県に帰るご夫婦に乗せていただき、福島県国見SAまで乗せてもらいました。

国見SAで車が捕まらず野宿というか
終電を逃した酔っ払いのごとくグテェェ~っと机に寝て
朝から「おはようございます!岩手まで!」
というスケッチブックを掲げて立っていました。


12月の福島県。朝は極寒です。

2時間ほどすると
「岩手はいかないけど秋田なら!」
という優しいお方に乗せてもらい秋田県まで。


そこから岩手県まで行こうとしたものの、


人がいない(笑)

結局、電車で岩手県に突入…。



そして

バスで目的地の龍泉洞に着いたんです! 


キャプチャaaa

目的地に着いた達成感

人の温かさにとても感動しました!


駅のポスターで拝見しましたが、
岩手県PRでも龍泉洞を推しています☆


それを見て
「そういえばヒッチハイクに行ったな」
「龍泉洞が目的地だったな」
と思いだし、書いています!


いつかインドに一人で行ける日を!と思いコツコツ貯金、計画をしています。

それを達成させるために
その心を新鮮に保つために

今までの旅行の思い出を思い返して行きたいです。

インドいきたぁぁぁぁい!

 

 

 

これを機に

周りの男性の特徴をよくよく観察してみました!

すごく楽しかったです。

 

 

 

ハート男ってなんでこうなの? 3位 女をナメてる!

女子がよく

「優しい男の人が好きぃぃ~」

という言葉を履き違えてる男性がいるのではないかと街で思いました。

それは彼女のバッグを持ってあげている男性!

あれは「重いから持ってあげよう」という心からかもしれないですが、それは優しさではない!

女性の「あれほしい!」「これやってくれない?」というような要望を

すべて受け入れることは優しさではないと思います。

 

受け入れる男性は優しいのではなくただのドMなのかと思います。

女性の思う「優しさ」は「空気が読める・気を遣える」ということだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

ハート男ってなんでこうなの? 2位 自慢ペチャクチャ!!

それは、自慢話。

 

考えてみると周りの男性にも自慢話が多かったと気が付きました。

言い方がいやらしかったり、猛烈自己アピールのような

「気づいてください!!自分がこんなに凄い人なんですよー!!」

と言わんばかりに話をする。

自慢したい気持ちもわかります。

 

しかし、自慢話をされている女性側は

「あれ?この人、ナルシストなのかな?」

「ん?ひょっとしてモテたいのかな?」

「大げさに自慢話しても逆効果なのにな」

と心の中で思っているハズです。

 

ハート男ってなんでこうなの? 1位 オチ強要!!!

関わる男性によく言われること↓

男「で? オチは?」

私「・・・話終わったけど。」

このセリフ、女性なら誰でも1回は言われたことはあるのではないでしょうか?

心の中で女性はこう思ってるはずです。

「いやいやいや!」

「オチとかそういうのじゃなくて、今日あったことをそのまま伝えたかっただけじゃん!」

「普通にうなずいてたらいいじゃん!!」

 

女の話にはオチがないと言われますが、

喋っていてつまらない男性もいます。

 

オチのない会話の女性を見かねて

結婚条件に「しゃべらない女性」を挙げる男性もいるとか。

 

「お前の話、どんだけ面白いのかよ!」と言いたくなります。

 

 

 

偉そうに書いてしまったことが悔やまれますが・・・。

世の中の男性を知れるほどな女性になりたいです。


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2