WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

わたくし、高校は墨田区にある高校に通っていて、ちょうど高校1年生のときに

「第2東京タワーができるんだって!」

「マジで!?じゃあテレビ局も墨田区に移転するってこと?芸能人いっぱい見れるとか激アツ!!」

なんて会話をしていました。ただのバカの16歳でした。

芸能人はオシャレな港区にしかいません。

雨上がりの隅田川のあのクサいニオイが漂う墨田区にはいるわけありません。

あれから7年ですか。早いです。

。*————————————————–*。

 

そんなことは置いといて、私が考えたショップはこれです!

「OMATSURIカフェレストラン」

 

このお題を考えるにあたって一番最初に考慮したのは、

外国人観光客も日本人観光客も一緒に楽しめるものがいいよね!ということです。

外国人が日本の伝統文化として興味を持ってくれるもの、

かつ日本人もテンションがあがるものといったら、それはもう、お祭りしかありません!

 

このショップは、”日本のエキサイティング文化・お祭り”をコンセプトにしたカフェレストランです。

*1か月間、日本のどこかのお祭りをフューチャー!

*その間の料理は、お祭りを取り上げた地方の伝統料理や特産品を使った料理を提供します。

*フューチャーするお祭りが変わるごとに(つまり1か月ごとに)店の内装もガラっと変わります!

そしてもう一つお店の目玉が!…それはのちほど!

 

 

 

お祭りって日本中にすごく沢山ありますよね。

しかもマイナーなお祭りは、日本人でも知らないものが意外と多い!

例えば、こんなお祭り!皆さんは知っていますか?

和歌山県川辺町の「笑い祭り」

原色を何色も使ったド派手な衣装に身を包み、顔は厚い白塗り、

そして恵比寿様のようなフェイスペインティングを施したオジサンが「笑え笑え~」と見物人に強要するんです。

また、「永楽じゃ~!」なんて言いながら、お祭りのお神輿ごと川へダイブしたりも!

Wao!It’s sur!!

 

 

そしてそして、地方にはご当地野菜なるものがあるのって知っていますか?

東京のスーパーまで流通されてない、そこで暮らさなければ知らない変わり種野菜もたくさんあります!

山口県のご当地野菜「はなっこりー」

てっきり菜の花とブロッコリーの掛け合わせかと思ったら、サイシンとブロッコリーの掛け合わせだとか。こないだ山口に行ったときに食べたのですがちょっと苦かったです。大人の味でした。

他にも佐賀県のご当地野菜「プチベール」(これはケールと芽キャベツの掛け合わせ!)なんてのも!

 

こういったご当地野菜はJAのHPを見るとまだまだあります。全部美味しそうです。

これを仕入れて美味しく調理・提供しちゃいます!日本を食べつくしちゃえ!

 

 

こんな感じのコンセプトカフェ&ショップが「OMATSURIカフェレストラン」です!

例えば「笑い祭り」をフューチャーする1か月間なら、もちろん店員があの白厚塗りになって接客!

Wao!It’s exciting!!

外国人観光客は白塗りのソレをGEISYAと勘違いするでしょう。

京都まで行かなくてもGEISYA遊びができるなんてお財布に優しい☆

 

 

そして、「OMATSURIカフェレストラン」の目玉はコレです!

最終週の日曜日は本当にお祭りを開く!!

 

1か月間取り上げたお祭りを実際に東京スカイツリーの麓の一等地で行うんです!!

観光客や街を巻き込みながら、月1でお店からスカイツリーまでねぶたを引きながら行脚!

花笠踊りながら行脚!!笑え~と強要しながら行脚!!!

※ただやっぱり雨上がりの隅田川はマジでクサいので行脚中注意!

観光立国を目指すんなら、スカイツリー周辺を最終週の日曜には歩行者天国に

するぐらい大胆なことやってもいいんじゃないかなー観光庁さん!

 

 

 

私は、この「OMATSURIカフェレストラン」で地方応援をしたいです!

地方を元気にさせたい!活性化させたい!!それを起爆剤に日本中を元気にしたい!!!

外国人観光客に、東京にいるだけじゃわからない日本の良さを知ってもらいたい。

そして、日本人観光客には日本の魅力を再発見してもらいたい。

そういう想いでクソ真面目に考えてみました。いかがでしょうか?

 

ショップオーナーいいなー。もしやるなら5月のスカイツリー開業に先駆けて4月から営業したいです。

なんてったって4月には、あの国民的お祭り

「ヤマザキ春のパン祭り」が山場を迎えますからね!

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

 

これが素直な今の気持ちです。

何がって?だって木曜日中までの更新なのにそれを守れてないんですもの。

本当に申し訳ございません。

 

なんでこうなったかっていうと、後輩と飲んでいました。

「いいよ、2000円で。あと私、払うから」

なんて先輩ぶっていい気分に浸っていたのですが、

後輩と別れた電車でYahooメールを開いてビックリ!

「ああぁぁぁぁぁぁ!やばい!!」

血の気がさーーーーーと引いていきました。

駅から家まで走ってきました。

 

今、非常に焦っています。が、しかし、非常に酔っています。

常日頃から節約を心掛けている私ですが、ひどい言い方をするとただのケチな私ですが、

今日は、後輩におごったんです。たった300円ですが!!

 

ブログの公開設定をいじれば、木曜日中に更新できていることにもできますが、

そこは正直をモットーに生きてきたので、ズルしないで正直に書きます。

そう、正直に言うとガチで酔っていて、ブログどころじゃありません。

走って帰ってきたのが逆効果で、今すぐトイレ行きたいです。

 

。*————————————————–*。

 

さて、ここからは本来書こうと思っていたことを書きます。

 

記念すべき第一週の結果が、5位。

うーん!…微妙!!

でもよかったんじゃないかな。と思うんです。

1週目からいい順位だとプレッシャーがあるんじゃないかなって。

 

 

……なんてね。

これ、ただの強がりです。

本当は本当は…!本当に悔しいです!!

 

コメント欄に書かれていたコメント、その通りだと思いました。

 

「自分独自の珍体験があればよかったかも」

 

まったくその通りでございます。これが可もなく不可もなく生きてきた22年間の結果なのです。

そして、そんなにすぐに生活改善できない。

「悔しいと思っても木曜日中に更新ということを忘れる。

そして酔った勢いで面白味も構成もテクニックもクソもない文を書く」

…これが人間なのです。

って今、この状況で言ってもただの言い訳にしか聞こえないですね。すみません。

でもいい意味でガールズBLOGバトルに対する気が抜けました。

1発目の自由お題を酔ったクソ文で書いているんだから、

もうこれから何をしても評価が下がることはないでしょう。24人の作家の皆さんにも何も期待されないでしょう!

なので次回から、「自分独自とは何か?」をブログを通して

個人的に探す3か月間にします。それなりに頑張ります!

 

。*————————————————–*。

 

さて、「今週の私」ということですが、

私はテレビを観るのがとても大好きなので観たテレビについて書こうかなと思います。

次の日曜は3月11日。東日本大震災から1年目ということもあって、

4日(日)にテレビ東京で

「明日をあきらめきれない…がれきの中の新聞社~河北新聞のいちばん長い日~」

そして6日(火)には日本テレビで「3.11その日、石巻で何が起きたのか~6枚の壁新聞」

というドラマが放送されていました。

どちらも事実を基に、当時の写真や映像を交えながら構成されているドキュメンタリードラマです。

そしてどちらも地域新聞社の人々を主人公にしています。

 

6日には長嶋一茂さんが主要メンバーとして出演されており、最初は、

「うーん、この人の演技はやっぱり微妙だな!」

なんて冷静に観ていたはずが、ドラマ中盤になってくると、

長嶋一茂の一辺倒の演技でも涙がポロポロと止まらないのです。

いやー脚本のチカラってすごいなと思いました!

 

そして、自分が両方のドラマを観て感じたことは、

「文章のチカラはすごい」

ということです。

 

こういうドキュメンタリードラマは、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件なんかもそうですが、

やたらと新聞記者が主人公になることが多い気がします。

ドラマの主人公として使い勝手がいいということはもちろんなのですが、

やはり、理由はそこだけではない気がします。

 

ドラマを見ていると、その新聞記者たちが紡ぐ言葉が、

人々に希望を与え、そして絶望をも与えてしまう場面が描かれています。

事実を伝えること、そして希望につながる情報を伝えること。

そして、それを一番シンプルかつ心にささるように伝えられるのは、文章なのだと感じます。

何もなくなってしまったとしても、紙とペンさえあれば何かを伝えられる。

それを実現できるのは新聞、すなわち文章なのだと。

ジャーナリズムの基本だなと感じました。

 

私もこのブログにチャレンジすることを通して、

何かを伝えられるような言葉を紡げる訓練ができたらな。と思っております。

 

 

とは言うものの…ここまでの文章、すごく酔った状態で書いているんですが。

支離滅裂ですみません!オチなくてすみません!

本当はもっとクソ真面目に書くはずだったのですが…

30分で書いた故、(なのか、元からこのレベルなのか…)

これじゃただの中高生のブログとなんら変わりない。

 

ただ私、今日のこの一件で学んだんです。

真面目にすぎるゆえに逆効果なこともあるんだと。

走らなければ、こんなにトイレに行きたくならなかったんだと。

ならばもう少し適当でもよかったんじゃないかと。…ということで次回から頑張ります。

とりあえず、もう限界です。トイレ行きます。

酔って帰った日は大概そうなのですが、多分今日もトイレで寝ることになるでしょう。

風邪ひかないように注意します。みなさんも風邪ひかないように注意してください。

皆さま、初めまして!

 

小笠原諸島の青い海と書いて、“おがさわらおうみ”といいます。

上手いこと言おうとして「あ~ね」ってな感想で終わるなぞかけのような、

若干スベったような名前です。はい。

 

とまぁ、それなりのスベりだしでブログを書かせて頂いていますが、

これから3か月間お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

 

記念すべき初ブログ初投稿のタイトルが

「わたしの事件簿年表~履歴書には書けない過ち~」とのことなのですが

 

事件簿年表…。

私が金田一少年だったら事件簿を付けまくるほどに、

行くとこなすこと全てで何かが起こるはずだったのですが、

金田一にもなれず、コナンにも山村紅葉にもなりきれぬ哀れで醜いブス女として生まれてしまった宿命。

そんなたいそうな事件がないのです!なのでお手柔らかに。

 

「年表」って改めて辞書を引いてみたら歴史上のことを順を追って書いているもののことだそうですね。

順を追って書くほどちゃんとしたエピソードがなくて順を追えません!申し訳ございません!!

とりあえず気休め程度に年表を…。あぁ真正面からお題に答えられないのがつらい。

こんなにまっすぐ健気で真面目に生きてきた22年間なのに。

 

1989  生まれる。

1996  小学校入学

1999  小学校4年生※事件point

2002  中学校入学

2003  中学校2年生 ※事件point

2005  高校入学

2008  大学入学 ※事件point

2009  20歳になる。 ※事件point

2012  現在

 

 

 

 

 

……あれは今でも忘れることのできません。

2008年、私が中学の頃から志望していた日本大学芸術学部から合格通知をもらった春でした……

oga2008

当時、私はテレビドラマの演出家になる夢を持っていて、

将来有名になり、トーク番組や雑誌取材で大学時代のことをいつ聞かれてもいいように、

大学生活を輝く4年間にさせようと、もくろんでいました。

 

そのためにとりあえず、底知れぬ知識を持っていた方がいいな、

そうすれば同級生から尊敬されるんじゃないか。そう考えました。

(18歳の思考って、単純すぎて恥ずかしい)

 

まずは、自分の好きな演出家の作品を全部観よう!

そう思い立ってDVDを借りまくっていたのが、

「ケイゾク」「TRICK」などの演出家・堤幸彦さんのドラマです。

(ちなみに、ドラマ「金田一少年の事件簿」の第一・第二シリーズも堤さんが演出してます)

 

私は雨の日も風の日もツタヤに通いました。

毎週火曜日に5本ずつ1000円払って堤さんの作品を借りて観まくりました。

 

 

そんな生活が何週間か経った頃、事件が起きます。

何気なく手に取った堤さん演出作品「ご近所探偵TOMOE」

いつものようにテレビ画面を食い入るように観ていたのですが、

いつも観るような作品とは冒頭からちょっと違う気配が…

 

 

…あれ、なんだかムズムズする。なんだこのムズムズは。

日本の春は花粉の季節。ついに私も花粉症デビューか。いやぁまいったなぁ。アイボン買わなきゃなぁ。

 

 

そう思いながら何度も鼻をすすっていたのですが、なかなか鼻水が止まらない。

垂れた鼻水を拭こうと、人差し指の腹で鼻の下をこすると、まぁビックリ。指が真っ赤。

鼻水だと思っていたら鼻血だったんです。

 

 

 

 

というのも、この作品ものすっごくエロかった。

男と女のエロいシーンはいっぱいあるし、

AVみたいにモザイクかかってるカットいっぱいあるし(AV見たことないけど)。

 

中学校の時も高校の時もドギマギしながら保健の授業を受けていた私です。

エロい奴は悪!という目線で男子を見ていた私です。

 

 

心底思いましたよ。

「あぁ、親がいないときに観てよかった」

と。

しかし、親にバレたら一番恥ずかしい!

絨毯に染み込んでしまった鼻血の痕跡を消そうと、

鼻にティッシュを詰め込み一生懸命拭きとった記憶があります。

今考えると必死であればあるほど滑稽ですね。

 

エロいこと考えると鼻血が出るなんてよく言いますけど、これって本当だったんですね。

もしやこれが私の 性のめざめ だったんでしょうか…。

 

 

思い返してみると、母と大ケンカし、泣きながら土下座して謝っていたら床に顔を強打。

鼻血が止まらなく、母が呆れてケンカ収束なんてこともありました。

 

地味でダメだった中学校生活を一新しようと臨んだ、中学2年生時のクラス替え初日にも鼻から出血。

まだ喋ったこともない新たなクラスメイトから

「何エロいこと考えてんの~」

と言われ、一新1日目にして輝く中学生になることに挫折。

※この発言は心外であり、全くもってエロいことなど考えてはいなかった。

 

記念すべき20歳の誕生日もなぜか1日中、鼻血が止まりませんでした。

ちなみにバースデーケーキは鉄分を豊富に含んだような新感覚の味でした。

 

 

私のパーソナリティの形成は鼻血とともに歩んだ22年間にあるのです。

鼻血まみれの履歴書です。

鼻ほじって出血してるんなら別ですが、

何気ない時に勝手に出てきちゃうから、もう自分でもどうしようもないですよね。

 

 

あぁ、もっと華麗なる人生を送りたかったです。キラキラと輝く華の人生を。

これじゃあ、鼻の血んせいだ。

 

……なんて最後にもうひとスベりしたところで、おあとがよろしいようで。

いや、全くもってよろしくないけど終わります。

 


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2