WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

ガールズBLOGバトルが始まってもう5周目です。早いものです。

そして、山名さまからお題がでるなんてビックリです!

私がなんとな~く放送作家という仕事に興味を持ち始めた時に、

最初に買ったのが山名さまの著書だったんです。

緊張です。非常に緊張しております。

 

。*————————————————–*。

 

世の中に納得がいかないこと。全く思いつきません。

 

…いいえ、嘘です。エイプリルフールです。えぇ、たくさん、ありますとも納得いかないことが。

ただこれらを言うと「捻くれてるね」とか「擦れてるね」とか言われてしまうので、

普段はあまり言いません。

ですが!この機会に声を大にして言いたいと思います!!

 

 

これは納得いかない!その①

「子供が好きな人はどんな子供でもかわいい~という風潮」

 

この風潮、まーったく理解ができません!

どこの誰の子だか知らない子を見てかわいい、と写真やテレビなどを見ていう人。

会ったことも関わったこともないのに、本当にかわいいかわかるものなのでしょうか?

百歩譲ってテレビで見る子供は、その行動や声などを見れるから、

かわいいと思えるかもしれません。しかし写真を見ただけで、誰でもかれでもかわいい!って言うのはなぜ?

時々いるじゃないですか、本当にぶっ——————–っさいくな子供。

あれでも「かわいい~」っていうじゃないじゃないですか。特に女子。

ぶっさいくな子をかわいいって言うのって、なんだかバカにしてるんじゃないかな?って思っちゃうんです。

ちゃんとかわいいかを見極めてかわいいって言ってるんじゃなくて、とりあえずかわいい~

って言ってるだけなんじゃないかな?って思っちゃいます。

その人の中の「かわいい」のルールはそんなに幅の広いモノなのでしょうか?

世の中、「カワイイ」のボーダーラインって大人には厳しいのに子供には甘いですよね。

 

 

 

これは納得いかない!その②

「不登校気味だった子にとられる特別な対応」

 

中学2年の時に「納得いかない!」と思った体験です…。

不登校気味だった子(もう学校にもほぼ毎日これるようになっている)が授業中、

講義も聞かずにノートに落書きしていても何も注意しないのに、

私が授業中、講義を聞かずにノートに左利きになるための練習として、ひらがなを書き綴っていたら怒られました。

この不登校気味だった子への

特別待遇というか、もう触らぬ神に祟りなし状態はなんなんだ、と。

 

一切気を使わず、その子の心への配慮をするな!と言っているわけではないのですが、

授業中に注意しなければいけないことは、平等に注意しなければいけないのではないでしょうか?

結局私は毎回注意を無視し続け、授業中廊下に呼び出され怒られ通知表で2をもらいました。

相対評価のゆとり世代で2です。テストの成績は80点以上だったのに2です。

どんだけ、授業態度の配分がでかいんだよ!!

……っていうのは、しょうがないと自分でも納得しているので別にいいのですが。

「平等」だとか「みんなで」とか謳っている先生に限って、注意の平等性がないのには納得がいきません。

触らぬ神に祟りなしは配慮とは違うと思います。


 

 

 

 

これは納得いかない!その③

「正義の味方なら何をやってもいいのか、ウルトラマンよ」

 

私は小さいころ悪役が大好きな子供でした。主人公のヒーローはなんとなく好きになれません。

正義の味方は自分が正義だと信じて疑わないのが納得いかないからです。

正義とは人それぞれです。悪役のやったことだってある人にとっては正義かもしれません。

だから正義の味方だからと言って、悪役を倒すために近隣の街を怪獣もろとも破壊する

ウルトラマンはどうかと思うのです。

ウルトラマンの攻撃によって家を破壊された人がいるかもしれません。山を燃やされた人がいるかもしれません。

彼によって迷惑が掛かっている人もいるかもしれないのに、

自分が地球を救ったと思っているように感じてしまう演出。

ウルトラマンの描き方には納得がいきません。

 

 

真面目に書いてしまった故、自分の器の小ささを露呈しているみたいで恥ずかしくなってきました。。

これが人生をこじらせた22年間の結果です。おぉおぞましい!

ここら辺でやめときます!!

今回のお題、メチャクチャ難しかったです。

メチャクチャ答えがしりたくなるクイズってなんだろう?と考えて結局、

まぁ答え知りたいっちゃあ知りたいかな?くらいのものになってしまいました。

今考えると、フリ(問題出題)の文章でそこがカバーできなかったかな?と思うので、悔しいです。

 

ただ、これで私は1、2、3位全部を体験することになりました。

オリンピックで言うところの金メダル、銀メダル、銅メダル、すべてをもらったことになりました。

快挙をなしとげた気分で嬉しいです。全くもって快挙じゃないのですが。

…なんてお気楽なんでしょう。

 

 

こないだの日曜、大学を卒業しました。

これからアルバイターとしての日々が本当に始まってしまいます。生活は苦しいものになると思います。

就活もしたり、色んな人に相談したり、悩んで悩んで悩んだ末に、

「メディアを媒体に人の心を動かせるような放送作家として飯を食っていく」

と決断したはずなのですが、やっぱり目の前にそれが迫ってくると正直、不安でいっぱいです。

泣きました。卒業式の3次会のあと1人になって泣きました。

 

アルバイトの収入だけで本当に生活していけるのか?

放送作家への道を選んだけど、芽がでるのか。

高校生まで作文が大嫌いだった自分が、本当に文章を紡ぐことを好きになっているのか。

やっぱり、文章が嫌いだと思うときがきてしまうんじゃないか。

いつになったら親に心配をかけずに済むようになるのか。

今ここに立っているのは間違いではないのか。

私は一体どこから来たのか。本当に日本人なのか。

以前こりん星人だと名乗っていた人がいたが、その人と同じ千葉県生まれの私も、

こりん星人だったりしないのか。などなど…。

 

不安でただただ涙がでてきてしまいました。

でも、決断したからには死ぬ物狂いでやっていくしかありません。

けれど振り返ってみると、クラス替えや高校入学、大学入学と新生活に常に不安はつきものでした。

そして、定職につかなかっただけの楽しみを私は経験できるはずです。

 

 

自分の心を動かしたテレビ番組を作ったスタッフさんたちのように、

私が関わった番組を見てくれた人の心を動かしたい!

テレビは、現実も夢も、感動も驚きも、やさぐれた人でさえ時には笑ってしまえる、と

色んなモノが詰まった素敵なハコなんだってことを多くの人に知ってもらいたい。

 

そんな気持ちで今年の4月をスタートさせます。

真面目です。

私の生きていくうえでの懸案事項として、

根詰めて真面目に考えてしまわないように注意しなければいけないということがあげられます。

仕事をするとき、外の人とかかわるときは、家族や仲間内といるときの自分と明らかに違ってクソ真面目になってしまいます。

A型だからですか?いいえ、違います。根が生真面目だからです。

だから、お気楽な考えを心掛けなきゃいけないな~とも思うんです。

やっぱり心に余裕があるときの方が人生うまくいってると思います。

 

なんて真面目なのかお気楽なのかわからず書いていたら、締切の時間を過ぎてしまいました。

締切を守れないのはお気楽とは違いますね。ただのだらしない人ですね。

こんなダラダラ書いてオチませんでした。オチ、特にありません!

無理です。ここからオチつけられません。ここら辺で失礼します。

もう3月も終わりですね。

いやはや、もう4月なのにこんなに寒いとはどういったことなのでしょうか?

そして寒いのに花粉が飛んでいる…!

どううやら私、今年から花粉症デビューしたっぽいんです。

鼻がずるずるです。お蕎麦を食べているときは鼻も口もずるずるです……すみません。

 

。*————————————————–*。

 

さてさて、今回はそんな花粉の季節にピッタリのクイズを出そうと思います!

今日は晴れていたから花粉で花がズルズルだった私からの問題はコチラです!

 

【問題】

ニワトリの鳴き声は、日本語で「コケコッコー」、アメリカでは「クックドゥードゥルドゥー」

と表現の仕方が違います。

それと同じように、くしゃみの時に発してしまう言葉も各国で違います。

日本は「はくしょん」、中国では「合秋」、欧米では「achoo」または「atchoo」(アチョー)

と表しますが、韓国では一体くしゃみは何と言ってするものなのでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ヒントです!

日本語の文字で表すと、韓国でのくしゃみはちょっと恥ずかしい言葉になってしまいます…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、答えは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】

韓国でのくしゃみの発音は

「えっち」

でした!!

 

 

いやーいくらイケメンの韓流スターだったとしても、このくしゃみは恥ずかしい~!!

韓国では、日本の「はくしょん」にあたる言葉を「엣취」と書いて「エッチィ」と発音するそうです。

どの国も意識してくしゃみを発音しているわけではないのですが、

国によって発音が違うってすごく面白いですよね~。

世界は広いんだなぁと感じます。そして奥深いですね。

こういった言葉の違い故の面白さは、まだまだ別の言葉でもたくさんありそうですね!

 

 

参考:excite翻訳、韓流オタクの同居人談


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2