WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

 

御評価ありがとうございます。

真摯にこの順位を受けとめています。

自分の考えを表現するチカラその表現を面白く伝えるチカラ

 

この二つのプレゼン能力にいつも悩んでいます。

 

放送作家の中野俊成さんがトークライブにて

 

「自分が面白いって思ったものは絶対面白い!」

 

「その面白さが相手に伝わらないときは、自分の表現力が足りなかったって思っている。」

ということを言われておりました。

 

自分のアイディアを楽しく伝えられるようにこのブログを修業の場にしていこうと思います!

 

 

無題

 

 

 

 

今回のブログ課題でもご指摘を受けた表現の足りなさ等含め

 

今後、放送作家を目指すためにも

 

 

 

 

「ユーモア」を忘れない人になりたいと思いました。

 

 

 

写真がなくて少しさみしいブログになってしまいましたが

 

 

次回からは女子会並みに写真を載せていけるようにします!

 

 

 

よろしくお願いします。

 

スカイツリーが間もなくオープンしますね!

 

私がよく利用する電車からスカイツリーが見る事ができ、

電車の中もスカイツリーの広告でいっぱい!

 

スカイツリーのキャッチコピー「3000万人に会える空」

すごくカッコイイなあと思いながら毎度、広告を眺めております。

 

“第一展望台からの眺望が約70km先まで見渡せ、そこに住む人口が日本の人口の1/4にあたる3000万人

”ということになぞらえているそうです。

 

 

そんなスカイツリー近辺にお店を開くなら!

 

みんなの思い出プリクラ』を開業します!

(ショップというよりか「特殊なプリクラ機を運営するオーナー」になります。)

 

 

プリクラは若い人向けのイメージがありますが私のプリクラは一味違います。

なぜなら、一般人が撮ったスカイツリー、浅草、上野付近の写真をかき集めたものを背景として使用します!

 

よく観光地ではこのような観光スポットを背景に合成して記念撮影をするものがあります。

 

 

 

プリクラの背景にあたる部分を一般の方が撮った写真をたくさん載せ、

いうなれば「3000万人が撮った東京下町の姿を今日の思い出の一枚に全て盛り込んだ!」

というプリクラを目指します。

 

記念撮影としてならば老若男女、ご家族、外国人観光客もプリクラに抵抗なく使用してもらえると思います。

 

 

また、背景写真を提供してもらうやり方は

 

プリクラを撮ってもらうお客様が背景に加えたい写真をプリクラ機に同期してもらい、

プリクラを使用するお客様が多けれ多い程、たくさんの写真が集まってきます。

 

 

出会いは「一期一会」といいますが、日々過ごしている瞬間もまた「一期一会」です。

 

 

楽しく過ごした一瞬を撮らえたその写真を他人にも提供してみんなにもその楽しさを分けよう!

という記念撮影用プリクラです。

 

 

 

 

判定をしてくださいまして、誠にありがとうございます!!

トップページを開くときはまるで「好きな人に電話できない女子」みたいでした(笑)

クリックのひと作業が好きな人への通話ボタンみたく、

押す? わー、タイミング(ガールズブログでは“結果”)が悪かったらどうしよう。。。

でも、声聞きたい❤(結果気になる!)

と、パソコンの前ではしゃいでいました。

少しだけ心が若返ったとおもいます。

 

 

ただ、ブログの内容を考えていると自分の表現力のなさにドン引きしています。

もし、いつも「ハーイ!」しか言わないイクラちゃんが私のブログをみたら「どんだけ~」っておそらく言うだろうなと反省していました。

 

しかし、「わたしの事件簿年表~履歴書に書けない過ち~」を考えるのがすごくワクワクしました!

中学のイタイ自分

高校の残念な自分

大学の哀しい自分

「イタイ、残念、哀しい」こんな人生に対してもイクラちゃんは「どんだけ~」って言うと思います。

「自分、キツイ子だな~」と笑いつつ真剣に書き上げていました(笑)

もっと素敵な内容が書けるように勉強致します。

 

 

 

 

綿棒

 

 

2回目のブログ更新ですが、軽く自己紹介をさせてください!

丸山茜(まるやま あかね)

3月に大学を卒業します!

好きなことは旅行!大学生活では東南アジアによく行っていました。

カンボジア

カンボジア2

 

 

 

ブログのタイトルになっている『めんぼー』というのは私のあだ名です。

『めんぼー』というのは「私の顔が薄さ、存在の薄さ」によって命名されたと思っています(笑)

しかし、ある方が

「綿棒って良いよね。

細かいところにフィットしてくれて、手の届かない耳や鼻にも使える。」と。

耳や鼻の中に入る気はないですが、

★自分の行動や考えが他人にフィットできるように

★人の要望や希望に応えられるような人材になれるように

と思い『ジャストフィットになりたい!めんぼーブログ』というタイトルにしました。

 

 

 

 

書きたいことがたくさんあるので

趣味の旅行の話

失敗談….などなど!

書けることを楽しみにしています♪

 

 

 

無題

 

 

 

 

さてさて、話は変わりますが

 

日曜日に南海キャンディーズ山里亮太さんの「山里亮太の140」~今日も愛馬は混んでいます~」

というトークライブに行って参りました!

 

 

ツイッターを用いたイベントで、

山里さんが過去のツイートを振り返り、ツイート当時は何が起きていたのか語る!!というトークイベントでした。

 

 

 

企画も斬新だなと感銘を受けまして、

またTwitterという身近なツールを題材にすることで

山里さんファンがわんさかな会場では

「あ~!そのツイート覚えてる!」といったような「頷き」の一体感。

 

 

会場のみんなが山里さんの友人かのように距離感がすごく近く感じられました。

 

 

今回のライブのように同じく「距離感がすごく近い」と感じられるメディアがあります。

 

それは ラジオ!!

 

私はラジオが好きでよく聴いているのですが、好きな理由は

 

パーソナリティとリスナーの距離感が抜群に近い!

 

距離感が近いというのは・・・

なにが適切か分からないのですが「仲良しになったと思えるメディア」といいますかー…。

 

芸能人が私服でカメラのないラジオブースという狭い空間で繰り広げられる会話が

またテレビとは全く違う面白さがあります。

 

ラジオへ投稿を試みていますが厳しい競争社会ですね。

 

そんな私の投稿が初めて読まれたラジオ

 

それがTBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」です。

 

山里さんのトーク、例えのうまさ、本当に勉強になります。

 

 

 

 

ブログって、、、

 

 

おもしろい!!

 

 

ジャストフィットな人材になれるように日々精進します!

 

※綿棒の画像はフリーサイトからいただきました。


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2