WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

チャンチャチャン チャンチャチャン チャンチャチャン チャンチャチャン

タタッタ タッタタタ タッタタ タッタタタ タッタタ ッタタッタタ タタ タタンタンタン♪

 

鼻歌まじりで書いています。ハッピーネガティブ小笠原です。

上の曲わかる人いますかね?ANNのOP、「BitterSweetSamba」です!笑

わたくし、受験勉強のお供は「オールナイトニッポン」という典型的受験生でした。

最近よく聞くのは「JUNK」「Dig」。

「大竹まことゴールデンラジオ」や「安住一郎の日曜天国」とかも時々聞いています。

わ、すげーTBSラジオびいき!こんなに愛してるんだから就職させてくれよTBSラジオさん!(切実)

 

ただ、これらは曲をリクエストする感じの番組っぽくないので、昔それなりによく聞いていた

bayfm「BAY LINE 7300」に送るつもりで当時のラジオネームを晒して書いてみようかと思います。

 

。*————————————————–*。

 

ラジオネーム:オガちゃん絶好調!(←あぁもう痛い…)

 

こんにちは!番組、いつも楽しく聞いています!

今日のメールテーマは「あなたの思い出の一曲」ということですが、

私にも、忘れもしない思い出の一曲があります。

 

あれは高校一年の夏休み。当時、私にはとても仲良くしていた男の子がいました。

彼は雑学やサブカルチャーなどの知識も豊富な話が面白い子で、

言わずもがな、私は淡~い恋心を抱いていました。

夏休み、意を決して私は彼にメールを送り、彼と遊ぶ約束をとりつけました。

恥ずかしくてメールの本文にも、会話中でも一切出しませんでしたが、これはまさしくデートです。

中学校時代は物陰から好きな彼を見つめることしかできなかった、平成の奥ゆかしき女・小笠原の人生初めてのデートです。

 

私は、ワクワクしつつもガッチガチに緊張しながら待ち合わせ場所に行きました。

まずはファミレスで楽しく食事。私はガッツリ焼肉丼を注文したいところでしたが、

我慢して女子が好きなパスタNo1のカルボナーラに。

いつのまにか緊張もほぐれ会話が弾む弾む!私の口も饒舌でまさしく絶好調でした。

 

その後、カラオケへ移動。

「おうみさん先に歌いなよ~」「えー○○くん先に歌ってよ~」(うぇ~きもっ。。。)

こんなどうでもいい会話をしながら、選曲。

自分をよく見せたい私は、本当は嵐の曲を歌いたいたかったのを無理して、

かわいい女子のための曲の代名詞・aikoの新曲「キラキラ」を。

この日のために、なけなしのお金をはたいて新作レンタルで借り、家で猛特訓した曲でした。

カラオケはあまり得意でないですが、一生懸命歌(ってる演技をして歌)いました。

一生懸命歌う姿は、さぞ、かわいかったと思います。

 

そして次は彼の番。

まぁ当時の私なら何歌ってもカッコいいと思ったでしょうけどね。(うぇ~)

部屋が暗くなり、響くのは……世紀末を感じさせるパイプオルガンの音楽!?え?

しまった曲名見逃した!なんだ、この曲?

世紀末はどこにいったのかすぐに変調。軽快な音楽に変わり、画面に現れる歌詞テロップ。歌いだす彼。

 

 

「髪の毛をそよ風に~なびかせてさわやかに~微笑む君を愛してる~」

 

 

彼が歌っている間は手持ち無沙汰になるので、ノリノリで肩を揺らす私。

っていうか、○○くん歌うまい!カッコいい!やっぱ○○くんのこと好きだな~

なんて胸をキュンキュンさせていたのもつかの間……

 

 

「だ~け~ど~黒コショウ前歯につい~てる~よ 黒コショウ前歯につい~てる~よ」

 

 

彼が私の顔を指さしながら、歌い始めたんです。

はっ??

彼を二度見する私に彼は、再度指を指してきます。

えっ!?えぇっ!?

 

彼がこの曲を歌い終わるまで、私は肩をすぼめて口をつぐんでいるしかいられませんでした。

そのあとすぐにトイレへ駆け込むと、案の定、歯並びの悪い前歯に

昼に食べたカルボナーラの黒コショウが一片しっかりとこびりついていました。

ちなみにこの歌詞は私用に替え歌にしてくれていたものです。

恥ずかしくて恥ずかしくて、その日以降、彼と目を合わせられなくなってしまいました。

無論、この恋は叶っていません。

 

恋心を抱いていた彼がこんなかたちで、指摘してくるなんて思いもしませんでした。

しかし、彼はよくこんな曲を知っていたなと、今では尊敬の念さえ抱いています。

知識が多い彼だったからなのでしょうか。それとも面白い彼だったからなのでしょうか…

 

今でも、自分の歯に何かがついていた場合や、そんな人を見ると、この曲が脳内再生されます。

リクエスト曲は、あのとき彼が歌っていた、ブリーフ&トランクス「青のり」でお願いします。

 

。*————————————————–*。

 

ちなみにこのラジオネームでハガキやメールが読まれたことは一度もありませんでした。

というか、人生で一度も投稿が読まれたことないです。あぁ学生のうちに読まれてみたい。


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2