WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

僕の名前は、桃太郎。16歳思春期真っ盛り。

今時桃太郎って名前、笑っちまうだろ?

なぜ桃太郎かって?

ばあさんとじいさんの話によると、

桃の形をして川を流れてきたんだってさ

そんな子供騙し、誰も信じないよ。

僕には、親がいない。

本当の母さんはどこ?父さんはどこ?

僕は捨てられたの?

真実を知りたい。

 

 

●桃太郎は友達のに話を聞いた。

「おばあさんとおじいさんは今年で80だろ?

 64で子作りしたに違いない。

 きっと高齢出産を隠すために桃から生まれたと嘘ついたんだよ」

 

(さすがに高齢出産の日本記録更新はないだろう、と桃太郎は思った。)

 

 

●桃太郎は友達のきじに話を聞いた。

きじ「どんなことがあっても桃太郎くんの両親は、

  おじいさんとおばあさんで変わりないわ!

  つらいときは私が支えてあげる!!」

 

(弱いとき狙ってくる女って苦手だな、と桃太郎は思った。)

 

 

●桃太郎は友達のサルに話を聞いた。

サル「お前んとこのじいさん、昔は女遊び激しかったらしいぜ。

  今はどうか知らないけど」

 

(やるなじいさん、と桃太郎は思った。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

いろいろ考えをめぐらせながら家に帰ると

家にが!!

桃「ばあさん!無事か!・・・ば、ばあさん!!」

 

 

ばあさんは鬼と一線を越えていた。

 

桃「どういうことだ?!」

 

 

ばあさんは真実を語り始めた。

 

 

鬼はばあさんの不倫相手だった。

 

桃太郎が生まれる前からずっと。

 

ばあさんと鬼は子供を授かった。

 

しかし、ばあさんにはじいさんという夫がいて、どうしても離婚できなかった。

 

 

そこで、大きな桃の容器を用意し、川でさも見つけたように見せかけた。

 

馬鹿なじいさんは何も疑わずに喜んだ。

 

 

鬼は、父として何かしてやりたいと思い、鬼退治に来るように仕向け、

わざと負けて、宝の山を渡した。

与えられるものは、資産しかなかった。

 

それを聞いた桃太郎は、

「鬼・・・いや父さん、思ってくれていたなんて、、、ありが・・・」

 

そこにじいさんが帰ってきた。

 

じいさんの手の中には、大きな桃が!!

 

じいさん「川からこんな大きな桃が流れてきたぞよ」

 

割ってみると、赤ちゃんが!!

 

じいさんはばあさんと同じ手段を使ったようだ。

じいさんの女遊びは現役だったようだ。

 

 

桃太郎はただただ呆れた。

そして桃太郎は、実の父である鬼と一緒に暮らし始めたのでした。

 

じゃんじゃん。


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2