WonderNotes 学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

 

ごきげんよう。井上充恵です。


 

そういえば名前の部分は  みちえ  と読みます。井上充恵です。

ひとり自己紹介をしていなかったので、KをYして、あっ、空気を読んで、この場をおかりしてやらせていただきます。すいません。浅田次郎先生とB’zと民族舞踊をこよなく愛するラストティーンです。バトルが終わる三ヶ月後もまだティーンです。若さがまぶしいです。

 

おそばせながら、どうぞよろしくお願いします。

 

 

——————————————————————————————————————————————-

 

 

バンジージャンプ、しよう!!

 

スカイツリーで商売、と言われて、真っ先に思い浮かんだのがコレです。
しかし、良く考えてみると、私、高所恐怖症なんですよ。
経営者がオープン初日から職場放棄、そんな事態になりかねないので、この案はボツになります・・・。


と、いうか、それ以前にショップじゃなくない!?

 

 

 

 

あらためまして、スカイツリーに開業するなら!?
スカイツリーという場所の利を生かさない手はない!!
そういうわけで、個人的にスカイツリーのお店に欲しいコンセプトをいくつか考えてみました。


1、思い出作りのできて
2、高さを生かした
3、シンボリックな意味に富む

  

お店。

 

展望台に、お土産屋さんをおいて、スカイツリー誕生秘話、とかの苦労話を展示しておく。

なるほど。すばらしい!すばらしく投げやりだ!

・・・・・・・。

 

 

安心してください!ちゃんと考えましたよ!3つのコンセプトを生かしたお店!

 

その名も

 

  「スカイツリー放送局・君らジオ」

  

ショップなの?はい。ショップです。
心配になって一応辞書を引きましたが、「商品を売っている」のでショップです。広辞苑さんと明鏡さんに聞きました。
では、商品はなにか。
商品は、電波です。さらに言えば、ラジオの出演時間、でもいいでしょう。

  

 

 

ショップのメカニズムはこうです。


お金払う

録音機に声を入れられる

後日、自分の声がラジオで流れる

 

観光客なら「来たぜスカイツリー!!」
地元カップルなら「今日で○年目です!」
子供連れなら「今日で何歳になりましたー!」


何でも好きなこと、主張を吹き込めます。
吹き込んだ言葉はスカイツリーから発信されます。正真正銘の 公共電波 の出来上がり。
何月何日に流れます、とお知らせしたり、録音したテープを記念品としてもらえるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

さて、このショップがどのように先ほどの3つのコンセプトを満たしているのか。

 

1、思い出作りのできて

  

スカイツリーという場所でしか出来ない経験、を考えて、電波塔としての役割を生かした経験を作れないかなぁと思いました。その結果が、史上最高峰の民間ラジオ局。
七夕イベントとかで来場者のお願い事を流すとか、そんなのも良いと思います。
どうでもいいですけど、”イベント”って響きはなんか儲かりそうですよね。素敵☆

 

2、高さをいかした


なんていったって世界一高い電波塔なのです!
願い事は素早く空に
主義・主張は広く人に
そんな発信が出来るような気がしないでしょうか?
利点がイメージ頼りなのは、物理的高さを生かすのが無理だからです。経営放棄します。マジで。

 

3、シンボリックな意味に富む

  

これは、私の独断と偏見に過ぎないのかもしれませんが・・・。

 

スカイツリーには、新しい日本の”シンボル”になる、
そんな役割があって欲しいと思っています。
それも、世界一高い電波塔としての  進歩的  の象徴でなく、
戦後に東京タワーが復興の象徴であったような、もっと人の心のよりどころとなれるようなシンボル性です。

 

上に書いたように、話す内容は自由です。ただ、例えば日本にとって重要な日に、
「希望」とか「これからの日本」とか、そういう言葉、文章を公募して流す催しをする。
日本人の生の言葉で、日本を元気にする。

 

そういうことの出来る施設が日本のシンボルに備わっていても良いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

ハイ、ここから最重要項目に移ります。

なんの話か?決まってるでしょ。

 

お 金 の 話 で す 。

 

さぁ!皆さん!お金の話ですよ!!
発信のコストなんか知りませんが仮にコスト0円の商売としても2000円くらいぼったくるいただくことが必要だと私は考えています。
ふざけるなこの守銭奴!!まぁお気持ちも分かりますがちょっと聞いてくださいよ。

 

例えばコレをボランティアで無料配信!なんかしてしまうと、100%下ネタとか言い出す人がいるわけですね

どうやら近年、HENTAIは海外にも認知の高い日本の最新トレンドのようです。
が!日本のてっぺんから下ネタを垂れ流すのはごめんだ!!


その対策としての数字がこれです。お金払って悪事をする人はあんまりいませんから、コレで放送水準がどうにか維持されるわけです。
それに観光地の料金って高くてもみんな払うし・・・。あ、スイマセン。ここ、オフレコで。

 

 

 

 

そんな感じで「スカイツリー放送局・君らジオ」どうでしょう。
私としては結構欲しいんだけどな。これ実際出店とかになったら特許料入ってくるんですか?そういうの誰に聞けばいいんですか?あ、石原さん?石原さんですか?


ちょっと都庁に行く用ができたのでこの辺で失礼します。もしもし?石原さんですか?

 

 


Warning: require_once(/var/www/vhosts/common.wondernotes.jp/httpdocs/lib/design.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/vps100826020/girlsblog.wondernotes.jp/httpdocs/blog/wp-content/themes/gbb/footer.php on line 2